作業員

鳩対策は早めが大切|糞害やアレルギー問題

増える害鳥被害

考える女性

健康にも影響が

マンションでの鳩の被害は年々増え続けています。気が付いたらベランダに鳩の巣が出来ていたということがよくあります。鳩の巣の撤去は法律で禁止されているので、そのままにしておかなければなりません。そうなれば鳩の糞や飛び散った羽の被害でベランダに洗濯物や布団を干すこともできなくなります。それに糞や羽にはダニや病原菌、寄生虫などがついていることが多いのです。それが部屋に入ってきて病気やアレルギーの原因となったりします。糞はベランダの手すりなど金属を腐食させる性質も持っています。それにマンションの外壁も汚してしまい見る人に不快感を与えます。このような被害をなくすためにも、早い段階で鳩の駆除を行なわなくてはなりません。

対策方法とは

よく見かける鳩の駆除対策として防鳥ネットを使っていたりします。しかし中途半端な使い方では隙間から鳩が入ってきてしまいます。隙間なくネットを張るのは意外と難しく、業者に依頼した方が完璧に作業を行ってくれます。ただしネットは、取り付ける前に管理会社の許可を得ることが必要です。手すりや腰壁にテグスを設置することも駆除には効果的です。両面テープのものなども販売されており接着は簡単です。鳩が嫌がるニオイをベランダに撒いておくことでも駆除対策となります。漂白剤を水で薄めたものを散布するだけで鳩は嫌がりよってこなくなります。バラの香りも鳩が嫌がるものの一つで、アロマオイルを霧吹きで噴霧してみるのもいいかもしれません。鳩対策に不安を感じる方は、業者に依頼すると効率的です。被害状況に合わせて、有効的な対策を行なってくれます。業者は様々な対策法を持っていますが、駆除料金はそれぞれ異なります。駆除代金を事前に知っておきたいという方は、業者が運営するHPを参考にしてみるといいでしょう。

駆除や対策を行なう

ハチ

家に住みつく厄介なハチは、大人しい性格もいれば向こうから襲ってくる危険なものもいて、退治するのには様々な準備が必要です。しかし、ハチが多すぎて対処しきれない時や高い所にあってやりにくいと感じた時は、業者に相談して退治してもらいましょう。

もっと知ろう

害虫駆除の必要知識とは

ハチの巣

ハチの退治をする場合は、多めの駆除剤を控えておくことが重要です。駆除剤が切れてしまうと大変危険です。ハチの中には、こちらが攻撃しなければ襲ってこないハチもいるので、必ずしも駆除する必要はありません。ただし、スズメバチは大変危険なので業者に依頼するのがベストです。

もっと知ろう

サポート体制がある

一軒家

ハチ退治には、生半可な覚悟では返り討ちにあってしまうこともあります。そうしたことから、専門業者への依頼がオススメでもあります。また地域によっては役所が対処してくれたりサポートしてくれたりするので、そういったサービスを活用するのもいいでしょう。

もっと知ろう