男女

鳩対策は早めが大切|糞害やアレルギー問題

害虫駆除の必要知識とは

ハチの巣

蜂の駆除で気をつけること

ハチを退治する際には注意事項がいくつかあります。まず、業者ではなく自分でやる場合は、ハチ駆除剤を多めに利用しなければいけません。もし足りなくなったりすると、残ったハチが興奮して襲ってくる可能性があるため大変危険です。そのため、毒吸引機を購入しておくなどの準備も必要になってきます。ただ、ハチを退治する前に知っておくべきことがあります。それは、ハチを一度退治したからといって終わりというわけではないという点です。ハチは同じ場所に巣を作るので、新しい巣が作られないように対策をすることも求められます。穴が開いている場合は防虫ネットでそれを防ぐことが必要です。また、ハイキングの際も殺虫剤と毒吸引器を携帯しておくことで、応急処置をすることが可能です。

効率的に蜂を駆除する方法

そして、ハチを退治するのに一番有効なのが夜です。なぜなら、昼間は働き蜂が巣から離れているので一掃することができなくなるためです。次に、巣の入り口をテープなどで塞ぎ、側面や上部に穴をあけて駆除剤を注入すると退治することが可能です。ただ、すべてのハチの巣を駆除する必要もありません。たとえば、アシナガバチであれば、こちらから手出ししなければ襲ってくることはないし、巣も放っておけば一年でなくなります。ミツバチも、とてもおとなしい部類のハチなので滅多に襲ってくることはないため、無理して退治する必要はありません。退治する場合は、巣の撤去もすることを忘れないでください。放っておくと、蜜が垂れてきます。また、スズメバチの退治となると大変危険なので、専門業者に依頼するのが良いでしょう。